藤枝市の歯科医院。インプラント、無痛治療、ホワイトニング、予防歯科、クリーニング、矯正歯科等の案内。

ご予約はAM8:30より承っております

ご予約・お問い合わせはこちら 054-636-7000

〒426-0061 静岡県藤枝市田沼3-6-5

院長日記

前ページTOPページ次ページ

新・院長日記への移行のお知らせ

掲載日:2010/12/31

2011年1月1日から新・院長日記に移行しますので、トップページからお入りください。

2010年映画総評

掲載日:2010/12/31

今年初めに立てた「60本の映画を観る」と言う目標は、忙しい中余裕で達成することが出来た。そこで2010年に鑑賞した映画の総評をしてみたいと思う。結局下記の洋画46本、邦画34本の計80本を観た。(観た順番に列記する) なかなか洋画にいい作品が多かったように思う。

1『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』2『今度は愛妻家』3『サヨナライツカ』4『オーシャンズ』5『母なる証明』6『ゴールデンスランバー』7 『インビクタス/負けざる者たち』8『千年の祈り』9『ジュリー&ジュリア』10『アバター 3D<日本語吹替版>』11『おとうと』12『人間失格』13『恋するベーカリー』14『チェイサー』15『キャラメル』16『ライアーゲーム ザ・ファ イナルステージ』17『牛の鈴音』18『バグダット・カフェ』19『噂のモーガン夫妻』20『シャーロック・ホームズ』21『板尾創路の脱獄王』 22 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』23『第9地区』24『(500日)のサマー』25『パレード』26『やさしい嘘と贈り物』27『シャッター アイランド』28『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』29『マイレージ、マイライフ』30『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』31『フィリップ、きみを愛してる!』32 『スイートリトルライズ』33『グリーン・ゾーン』34『運命のボタン』35『ハート・ロッカー』36『パリより愛をこめて』37『プレシャス』 38『RAILWAYS』39『告白』40『アウトレイジ』41『孤高のメス』42『クロッシング』43『月に囚われた男』44『アイアンマン2』 45『半分の月がのぼる空』46『オーケストラ』47『プレデターズ』48『インセプション』49『小さな命が呼ぶ時』50『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』51 『ちょんまげぷりん』52『ソルト』53『BOX 袴田事件命とは』54『必死剣鳥刺し』55『キャタピラー』56『ハナミズキ』57『さんかく』58『パリ20区、僕たちのクラス』59『食べて、祈っ て、恋をして』60『悪人』61『ガールフレンド・エクスペリエンス』62『十三人の刺客』63『華麗なるアリバイ』64『ナイト&デイ』65 『エクスペ ンダブルス』66『死刑台のエレベーター』67『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』68『瞳の奥の秘密』69『ミックマック』70『ヤギと男と男と壁と』71『桜田門外ノ変』72『ゴースト もういちど抱きしめたい』73『行きずりの街』74『レオニー』75『SPACE BATTLESHIP ヤマト』76『キス&キル』77『彼女が消えた浜辺』78『乱暴と待機』79『バーレスク』80『最後の忠臣蔵』

厳選して観に行っているので、はっきり言っていい映画が多かった。さて順位をつけるのも何だが、自分なりに第1位から第10位まで決めてみた。
第10位 『ハナミズキ』
新垣結衣&生田斗真主演で、実はいい歳して純愛映画が好きなので楽しめました。個々の年齢にあった共感と感動が味わえる素晴らしい作品だったと思います。

第9位 『瞳の奥の秘密』
アカデミー賞最優秀外国語映画賞を本年度受賞した作品なので期待していたが、本線、伏線、色々と絡み合って、厚みのある、実に見応えのある作品に仕上がってました。映画の本当の面白さ、映画でしか描けないエンターテイメントな一本で、映画が好きな人には、たまらない作品ではないでしょうか?

第8位 『ミックマック』
2001年に公開されたフランス映画『アメリ』の監督ジャン=ピエール・ジュネの話題の最新作で、フランス映画はあまり好きではないが、フランス映画もやるじゃん!と感じた作品です。ストーリーがしっかりしていて、洗練されてて 色彩が美しくて、ファンタジーで、全編がジョークで、とても愉快な素晴らしい作品でした。

第7位 『最後の忠臣蔵』
TVドラマの名作「北の国から」シリーズの杉田成道が監督として映画化され、いわゆる史実の忠臣蔵とはかなり違う、後日談を描いた、大石内蔵助の隠し子を育て嫁がせる使命を負った男の話である。それにしても役所広司&佐藤浩市の奥深い男の友情、二人の重厚な演技は本当に素晴らしく、今年私にとって最高評価の時代劇である。

第6位 『オーケストラ』 
破天荒で、情熱的な音楽映画で、民族の闘争など色々な問題も描かれており考えさせられる作品でした。ラストの12分のコンサートシーンで演奏される運命のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が、凄く心にしみ込んで、ホロリとさせられ、幸せな気持ちになれました。 映画としての完成度が高く、間違いなく秀作です。

第5位 『告白』
2008年 週刊文春ミステリーベスト10で第1位、2009年 本屋大賞(全国書店員が選んだいちばん!売りたい本)を受賞した湊かなえの同名小説を、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』の中島哲也 監督が映画化。少年犯罪をテーマに、幾つもの殺人が連鎖していくとても重苦しい作品。原作に忠実でストーリー展開も巧みで主演の松たか子のポーカーフェイスぶりはお見事で、作品としては本当に素晴らしかった。

第4位 『パリより愛をこめて』 
『96時間』で好評を博したリュック・ベッソン プロデュース+ピエール・モレル監督のコンビによるパリを舞台にしたサスペンスアクション映画。昨年私が観た57本中第4位だった『96時間』もそうであったが、忘れていた娯楽映画の原点のような作品で楽しめました。私の中では高評価であったが、JCの後輩に勧めたところ、???の評価でした。 映画なんて自分の感性で楽しめたら、それでいいのである。

第3位 『悪人』
モントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねているだけあって素晴らしい作品でした。深津絵里だけではありません。主演の妻夫木聡はもちろん、樹木希林と柄本明と言う 両ベテランの相変わらずの熱演はさすがの一言。最後の最後まで考えさせられるストーリー展開など見所十分である。

第2位 『バーレスク』
クリスティーナ・アギレラのパワフルな抜群の歌唱力と歌声とダンスに圧倒され、シェールの貫禄ある雰囲気に惹きつけられ、スクリーンから目が離せない。ストーリーも分かりやすく、見応えのある作品になっていて、スカッとした気分になれました。

第1位 『インビクタス/負けざる者たち』
クイント・イーストウッド監督最新作で、スポーツアクションであり、史実伝記であり、感動の人間ドラマでもある。1995年に起きた実話の映画化で、アパルトヘイトの影響が色濃く残り問題山積の南アフリカで、黒人初の大統領となったネルソン・マンデラが、1995年のラグビー・ワールドカップを通して国民をまとめあげていき、人間の素晴らしさを教えてくれる感動的なストーリーでした。

番外編
あれだけヒットしたのだから『アバター』にだけは触れておきます。『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督、構想14年、製作に4年以上の歳月を費やした大作。『タイタニック』の興収記録を破り、全世界歴代第1位。第82回米アカデミー賞に最多9部門ノミネート。本題だが、ものすごくお金がかかっていそうなCGと3Dで作られた映像は見応え十分で素晴らしかったが、3Dメガネって、着け心地が悪いとかはさて置き、かけるとまず色が落ちて暗くなる。もしかして2Dの方が、色彩鮮やかできらびやかだったかもしれないね。ストーリーがちょっと雑じゃない? おもしろかったかと言えば?? 感動したかと言えば??? これだけ皆さんが絶賛されているので恐縮ですが・・・ 
私は、やはり映画はストーリーなんだよね。評価できない新しい世界を作り上げてる所に関しては本当に素晴らしい。
それから日本アカデミー賞は、松たか子主演の『告白』と深津絵里主演の『悪人』の一騎打ちだと思っていたが、今日観た『最後の忠臣蔵』も素晴らしい出来だったのでもしかしたら?? 私は映画としてより魅力があり完成度の高い『悪人』を推します。
来年も時間が許す限り、映画を観に行きたいと思っている。今年の80本は観過ぎであるので、目標は昨年同様一ヶ月5本ずつの計60本である。

大晦日A よいお年を! 

掲載日:2010/12/31

高校サッカーをテレビ観戦しながら、今年最後と言う事で、日頃出来ていない陸ガメ(ジュビー)のゲージと【アクアリウム サクマ】の水槽を綺麗に掃除してやった。
ジュビーの方は、ゲージの床材をすべて交換してやったら、喜んでいるように見えたのは気のせいだろうか? そしてお待たせしました、お久しぶりの【アクアリウム サクマ】である。こちらも1時間以上掛けて丁寧に掃除をし、底砂も交換してやりました。最近はチョコ&ミルクに完全に押され気味で可哀想ですが・・・ 夕方には、そのチョコ&ミルクを一匹ずつ散歩に連れて行ってやりました。今年1年間、本当に楽しませてもらいました。来年もヨロシクね。
そうそう年末ジャンボの当選番号が発表になったので合わせたが、30枚(9000円)買って予定通り7等300円×3だけであった。今年もダメであったが、来年も必ず買いますよ。夢を夢見て・・・
そして夕食を家族4人で食べてから、夜は『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!!』、『紅白歌合戦』を交互に見ながら除夜の鐘を聞いた。今年もいろいろな事があったが、全般的にはいい年であったように思う。歳も歳だし、来年はあまり無理せず、ちょっと無理して頑張ります。それでは皆さん、よいお年を!お迎えくださいませ。

大晦日@ 『最後の忠臣蔵』を観る

掲載日:2010/12/31

大晦日。2010年も今日で終わりである。7時に起床し、10時半ぐらいまでゆっくりテレビを見て過ごした。
そして1人で車で街中に出て、ミラノ3で11時から上映された『最後の忠臣蔵』(今年80本目)を観て来た。日本人は忠臣蔵が大好きである。原作は「十三人の刺客」の脚本家、池宮彰一郎の同名小説『最後の忠臣蔵』。これをTVドラマの名作「北の国から」シリーズの杉田成道が監督として映画化した。
今回は、いわゆる史実の忠臣蔵とはかなり違う、後日談を描いた、大石内蔵助の隠し子を育て嫁がせる使命を負った男の話で、ハリウッド出資で海外でも公開される時代劇とのことである。それにしても「瀬尾孫左衛門」役の役所広司と「寺坂吉右衛門」役の佐藤浩市の奥深い男の友情、二人の重厚な演技は素晴らしかった。「可音」役の桜庭ななみの清楚で凛とした演技も、とても好感が持てました。今年最高評価の時代劇で間違いないでしょう。
今年80本映画を観たが、12月25日に観た『バーレスク』、そして今日観た『最後の忠臣蔵』と最後の最後に素晴らしい映画を観れて、本当によかった。お正月に時間がある人は、この2本の映画は観た方がいいと思います。
それから映画館の前にある手打ち蕎麦・季節料理 こやま(054-253-1160)に立ち寄って、年越しそばとして、天ざるを食べて来た。そして両替町のアクアリウム ミクロ(054-252-6873)で陸ガメ(ジュビー)のゲージの床材と【アクアリウム サクマ】の水槽の底砂を買い、伊勢丹5FのPaul SMITH COLLECTIONでセーターを買ってから帰宅して、高校サッカーをテレビ観戦した。

大阪に帰省するB

掲載日:2010/12/30

昨夜は結局0時半にホテルに戻って来て、子供たちとテレビを見ながら少し話してから1時過ぎには就寝した。7時に起きて朝風呂に入って、新聞を読んで、パソコンを持参してなかったので、昨日の院長日記の原案を紙に書き出した。なかなかスラスラ出てきたが、1時間程かかった。
そして子供たちを9時に起こして、10時前には2Fのセリーナで朝食バイキングをとって、チェックアウトして、心斎橋駅から新大阪に向かった。新大阪駅で50分ほど時間があったので、お土産を買いました。大阪土産の定番と言えば、551蓬莱の豚まん、シュウマイと点天のひとくち餃子である。旨いものは旨い。だから毎回買うのである。
11時40分発の新幹線で静岡へ。昨日は12時過ぎに新大阪に着いたので、今回は結局丸一日もいない世話しない滞在だったが、気分的にリフレッシュにはなりました。
13時半に静岡に到着し、家に戻って来て、待っていたのがチョコ&ミルクとの散歩。今日は私が一匹ずつ散歩に連れて行ってやりました。夕方から街中に1人で行き、伊勢丹のPaul SMITH COLLECTIONにジャケットの修理を出してきて、無印良品で整理用のバスケットを買って来て、書斎を整頓し、夕食は家族4人でとり、夜はテレビを見て、のんびり過ごせました。

大阪に帰省するA

掲載日:2010/12/29

私は大学時代の同級生と19時半から食事をすることになっていたが、息子たちと18時から予約していたホテル3階の桃李で夕食をとった。だいたいホテル内の店はどこも高いが、メニュー表を見て、あまりの高さにどれにするか? ためらうほどの値段でした。(笑) さすがに旨かったけどね。
そして1階のティーラウンジ ファウンテンで息子たちと友人が来るのを待っていましたが、それにしてもコーヒー1杯いくらするんや? 普通の感覚なら3〜4杯飲める値段の設定でした。文句言うなら利用するなと言うことでしょうが・・・(涙)
高槻市で開業されている小田先生と茨木市で開業されている安井先生と合流し、昨年に引き続き今年もミシュランガイドで☆を獲得したおおさか料理 喜川 浅井 (06-6243-7100)へ。大阪に来るといつも小田先生に店を予約してもらっているが、外すことはまずない。今回もコース料理を満喫出来ました。
だいたいこの仲間で飲むと、話が次から次へと盛り上がり、時計を見ると23時。あっと言う間の3時間半でした。そうそう、小田先生に待望の赤ちゃんが、9月19日に生まれたのだが、安井先生から素敵なプレゼントが・・・ 銀座のGUCCI直営店しか売っていないベビー服らしい。確かに可愛かったですよ。ちなみに、私はせっかちなので、いつも通り伊勢丹のShirley Templeで9月中には贈っていますから・・・(笑)
それからもう一軒、ダイニングバー 燕酒 桂山(06-6245-7688)で飲み直し、結局0時半に解散したが、なかなか楽しい夜でした。

大阪に帰省する@

掲載日:2010/12/29

さあ本日から6日間、年末年始のお休みである。まずは子供たちを連れて、10時12分静岡発の新幹線で大阪に向かった。妻はチョコ&ミルクと留守番である。今回の帰省の目的は2つ。1つは母親と弟ファミリーとの食事会。そしてもう1つが大学時代の同級生との再会である。
12時過ぎに新大阪駅に到着。地下鉄御堂筋線に乗ってなんば駅で下車し、高島屋8Fの黒毛和牛焼肉 肉處 きっしゃん なんばダイニングメゾン店(06-6633-8129)へ。そこで母親と弟ファミリーと合流し、予約してあった個室で、焼肉のランチを頂いた。
【黒毛和牛焼肉 肉處 きっしゃん】は佐賀牛を中心とした最高級A5ランクの牛を一頭買いすることにより、特上の食材をリーズナブルにいただける焼肉ダイニングであったが、ランチもなかなかレベルが高く、おいしくてみんなも喜んでくれた。
次男は昨年も大阪に来たが、長男は部活とか忙しく5年振りである。私は年2、3回は帰省して母親に会うようにしているが、孫を連れて帰るのも、私にとって親孝行になる。妻からのクリスマスプレゼントを喜んでくれて、孫4人と息子2人に囲まれて、楽しい時間を過ごせたのではないだろうか?1時間ぐらいであったが、母親には笑いが絶えず、本当によかった。私は長男であるが、母親の近所に弟ファミリーが住んでいて、弟とそのお嫁さんがとてもよくやってくれているのでありがたく思っています。感謝!
それから我々は、本日の宿泊先のホテル日航大阪(06-6244-1281)にチェックイン。息子たちはしばし、サッカーの天皇杯準決勝をテレビ観戦していたので、私はホテルの向かいにある999.9 Selected byG.style(06-6244-4949)で、日頃かけているメガネが、最近どうしても近くが見えなくなってきたので、999.9【フォーナインズ】の遠近両用の新しい物を作って来た。
そして、息子たちとアメリカ村、心斎橋筋を散策し、クリスマスプレゼントをあげてなかったので、ABC−MART心斎橋店で、RED WING、Timberlandの靴を買ってやった。何がいいのかわからないが、最近の若者には人気があるらしい。

仕事納め

掲載日:2010/12/28

14313。この数字は、本日までのカルテの通し番号、すなわち平成6年3月1日に開業して、16年10ヶ月の間に当院に1回でも来院していただいた患者さんの数である。この1年間でも1104も増えた。今年1年間(2010年)に1度でも来院された数も先程数えたら5116人、すごい数になってきたな〜
本日で今年のさくま歯科の診療はすべて終了した。明日(12月29日)〜1月3日まで6日間、年末年始のお休みとさせてもらうので仕事納めである。今年一年、地域の皆さんに安全で喜んでいただける歯科医院を目指して、日々スタッフ一同頑張ってきました。来年も宜しくお願いいたします。
当院の忘年会は12月11日にすでに終わっているので、よって診療後“1人飲み”を実行した。2、3年前までは1人で飲んだりすることは恥ずかしくて出来なかったが、最近は馴染みの店で、自分のペースで気楽に飲むのもいいもんだなと思っている。
まずは、20時に毎度お馴染みの昭和町の陣太鼓(054-253-3647)で、ビールで1人乾杯!「一年間よく頑張りました。」
まずはホタテと鰹をつまみで頂き、中トロ、蟹、太刀魚を握ってもらい、最後はいつも通り玉子で〆たが、作りたてのぬくぬくで、いつも以上に美味しかったです。
21時からは両替町の東洋整体 クイック静岡(054-254-4055)で40分ほど肩を中心にマッサージをしてもらってリフレッシュ。
そしてBAR mash(054-221-0972)に立ち寄り、【山崎 12年】をロックで、【ストラスアイラ 12年】をストレートで楽しむ。カウンターでの男の1人飲み。しかし私に限って、哀愁は漂わない。(笑)
その後帰ろうかと思ったが、お馴染みの大洲で開業されている原歯科医院の忘年会が行われていることを思い出し、カプチーノビルにあるワンショットバーのダ・バビローニャ(054-271-7191)で行われていた2次会に、呼ばれもしないのに合流。30分ほど好きなだけ喋ってから帰宅しました。急にお邪魔しまして、すみませんでした。これに懲りず、来年もお邪魔します。(笑)

スポーツ観戦三昧の一日

掲載日:2010/12/27

診療も残すところ明日のみとなった。今年中にどうにかして欲しいと言う患者さんの要望には出来るだけ応えてあげたいと思っているので、今日、明日はいつも以上に患者さんのアポイントが入っているが、ベストを尽くして、診療にあたりたいと考えている。
さて昨日は、スポーツ観戦三昧の一日であった。全国高校駅伝、競馬・有馬記念、プロボクシング 亀田兄弟ダブル世界戦、全日本フィギュアスケート選手権「女子フリー」と続いた。
まずは高校駅伝だが、髪のカットに行っていたので午前中の女子は見れなかったが、昼からの男子からテレビ観戦。鹿児島実がアンカーのトラック対決を制して悲願の初優勝を飾った。静岡県代表の浜松日体も12位と大健闘でしたね〜
そして中央競馬を締めくくるグランプリ 有馬記念は、車の修理で訪れていたスーパーオートバックスのテレビで観戦。ヴィクトワールピサが1番人気のブエナビスタとの2cm差の攻防を制し、今春の皐月賞以来となるGT2勝目を挙げた。それにしてもイタリアの名手 デムーロの華麗な手綱に計算ずくの早仕掛けはお見事でした。
夜はお笑いのM-1グランプリ2010を中心に見ていたのだが、合い間にプロボクシング 亀田兄弟ダブル世界戦や全日本フィギュアスケート選手権「女子フリー」にチャンネルをパチパチ替えて忙しかった。
亀田興毅の日本人初の3階級制覇は素晴らしいことだが、毎回やや不透明感のあるマッチメークには疑問が残るので、強敵を相手にして防衛戦を戦うことが責務だと思う。弟・大毅の世界戦に至っては、全く見るべきものがなかった。
そしてフィギュアスケートはさすがに人気があって、瞬間最高視聴率38.6%、平均視聴率も29%あったそうだ。私はスポーツの採点競技はあんまり好きではない。だからあまり見ることはないのだが、浅田真央の復活には興味があった。彼女はいつも逆境に強いが、今回もあのプレッシャーの中、本当によく頑張ったと思う。やはり練習、すなわち努力は嘘をつかない。
安定感のある安藤美姫、復活の浅田真央、伸び盛りの村上佳菜子が、来年3月に東京で行われる世界選手権の代表に選ばれたが、キム・ヨナを破って、誰かに表彰台の一番上に立ってもらいたいものである。

何となく過ごした日曜日

掲載日:2010/12/26

昨夜は結局風呂も入らず、1時ごろに就寝した。今朝は7時半に起床し、少しテレビを見てから朝風呂に入った。そして昨日の院長日記をアップした。 基本的には飲んで帰っても当日にアップするように心掛けているが、最近睡魔に負けて、次の日にアップすることもある。何事も後に回すのが嫌いな性格なので、ちょっと無理してこれからも継続していきたいと思っています。
10時から伊勢丹隣のTEAR AVEDA(054-251-8833)で、ほぼ1ヶ月半ぶりにカットしてもらいに行ったが、ついでに少し明るくカラーもしてもらった。別に白髪が気になった訳ではないが、何となくである。よって自分が見てもほとんどわからない、ましてや他人が見てもわからない。これでいいのである。
チョコ&ミルクを散歩に連れて行き、昼食は自宅でとってから、次男を連れて車のヘッドライト交換をするため、スーパーオートバックス SA・静岡中原(054−283−6018)に行って来た。10年も乗っていると徐々に暗くなってくるらしく、最近は運転にも支障が出るほどであったが、無茶苦茶明るくなりました。日頃はクロスオーバーSUVに乗っているが、こっちの車(オープンカー)もたまには乗ってやらなくては・・・ ここもJCの後輩が社長をしている店で、久しぶりに訪れたが、応対もサービスもとてもよかったです。
夜はM-1グランプリ2010を中心に、全日本フィギュアスケート選手権「女子フリー」、プロボクシング亀田兄弟ダブル世界戦など、見どころ満載で楽しめました。

前ページTOPページ次ページ

【管理者用メニュー】

PAGETOP